クライナーとの日々

我が家の野生的なお嬢様、クライナー・ミュンスターレンダーのリサとの日々を綴ります
昨日はGRTのお仲間と一緒にドッグランで練習。
朝のうちはそうでもなかったのに、時間が経つに連れて
気温が上がり、蒸し暑くなってきました。
帰宅して濃い茶色のオシッコが出て、びっくり!!
脱水になっていた様です。
常に水は置いて飲ませてはいたんですけど…。



リサは暑いのが苦手。
日本に来た最初の夏は、フードをほとんど食べなくなってしまったほどです。
ランに着いて数分するともうバテバテっぽい気配が漂い始め…ゼェゼェ。
太陽光線をめいっぱい吸収しそうな黒チーム(黒ラブちゃんズ)
が元気いっぱいなのに対して、木陰の草の中でヘバってました。

涼を求めて

クライナー・ミュンスターレンダーの原産国、ドイツは北緯50度以北。
行った事がないので良く判りませんが、夏は短く冬は零下の日が続く
寒さの厳しい土地の様です。
リサのDNAにはこんな状況は組み込まれていないのかもしれません。
去年の夏は日が落ちても一向に涼しくならず、
朝4時に起きてもムっとする暑さでリサの散歩はゼェゼェでした。
毎年暑い季節になると、リサお嬢様の為に24時間クーラーつけっぱなし
となる我が家。電気代がすごい。
でも、クーラーつけなければ確実に熱中症になってしまいそうです。
地球温暖化が急にストップするとも思えない今年の夏を
どう乗り越えるか、切実な問題だったりするのです。
軽井沢の別荘を無料で貸してくれる奇特な方、絶賛募集中です!!






2008/07/03 (木) 22:21 | -
trackbacks(0) | comments(6)
「今日はブログの更新をしよう♪話題は何にしようかな…」
とあれこれ考えていたところ…リサがネタを提供してくれました。
えぇ、親孝行ですね。
ほんとに気が利く娘なんですのよ。ほほほ。

今朝の散歩時。
「絶対にしてはイケナイ」と教えていることをやらかしました。
何をやらかしたかをここで書くと、思い出して
怒りも再現されてしまうので書きませんが。
とにかく、私のコマンドを「へへっ」と無視して
やらかしました。
「へへっ」だとぉ〜〜!!
くぉのぉぉ〜〜〜!!
思わずプッツンしてしまいそうになるも、
「いかん、ココで怒るんじゃなくて叱るんだっ」
とぐっと拳を握り締めて自制するワタクシ。
リサの顔をこちらに向けて
「NO〜…!!!」
と地獄から響く様な声で一言!!
ガツンとやったつもりなのですが。
…あり?
ラリパッパ〜なご様子。
よし、こうなったら完全無視作戦です。
即刻散歩を中止してさっさと帰宅。
帰宅してからも目を合わさない。
さすがにリサも気づいた様で、「お母さん、怒ってる?」
とシッポをフリフリしてみたり、手を舐めてみたり。
これで機嫌なおして…?
貢物を持ってきてみたり。

顎を乗せて甘えてみたり。
リサの目にご注目ください。
目を伏せ気味にして視線をうろうろと
彷徨わせているのは、彼女が大変困っている証拠です。



何気なさを装い、階段の手前に佇んでみたり。
偶然ここに居るんです

あの…
まだ、怒ってる…?

しょぼん…
しょんぼり…。

何故やってはイケナイ事だったのか、を懇々と諭したいところですが、
いかんせん人間の言葉が通じないってところが難しい。
「無視」が犬にとって一番コタエル様です。
しかし、「無視する」のって以外に難しい。
ついついリサに目をやりそうになる。

反省しましたか。

どんより

く、暗い…。
そろそろ許してあげようかな。
「リサ、おいで♪」と声をかけると飛びついてきました。

まま〜♪

くっ!
か、かわいいっっ!!

何で叱られたか、もう忘れている様な気もする。。


2008/06/24 (火) 16:25 | -
trackbacks(0) | comments(7)
前回、クライナー・ミュンスターレンダーの体形について
書きました。
では、見た目、どんな感じの犬なのか??
ほら、ダックスやチワワなら「かわいぃ〜」「ちっちゃい〜」
シェパードなんかだと「かっこいぃ〜」「りっぱ〜」
ラブやゴールデンも「かわいぃ〜」「すてき〜」
リサも「かわいい」と言われる事があります。
ごく、たまに。
今まで3回くらい。それも幼犬の頃。
まあ、飼い主から見ても「かわいい」という形容詞は
ちょっと…というか、かなり無理がありますな。

必殺上目遣い
おウチではこんなに可愛いのよ

リサはどう形容される事が多いかというと。。
「足長い〜」「細い」
ふむ。適切。
あ、一度だけマダムっぽい人にこう言われた事があります。
「素敵な色あいね」
…クルエラか。(ぞぞっ!)
(注…「クルエラ」とは、101匹わんちゃんで
ダルメシアンで毛皮のコートを作ろうとした悪女代表)

リサはどんな犬に見えるのか。

実は散歩をしていて、見知らぬ「おぢさん」に突然声をかけられた事が
5回あります。
「その犬、猟犬でしょ?」
えっ…?
あ、一応ドイツの鳥猟犬みたいです。
「やっぱりね〜。いや、私も猟をやっててね。
 いい犬だねぇ〜。これで成犬の大きさなの?
 大きさも良いねぇ。最近は小回りの利く小さめの犬が
 重宝されてるんだよねー。いや、ほんと良い犬だわー。」
……。……。
どんな犬に見えるのか。

「猟犬」

精悍なお顔

納得。
ただ散歩していただけで、見知らぬ人
五回も褒められる。
外見も中身もリッパな猟犬です。




2008/06/19 (木) 12:46 | -
trackbacks(0) | comments(4)