クライナーとの日々

我が家の野生的なお嬢様、クライナー・ミュンスターレンダーのリサとの日々を綴ります
   ドイツで同行してくださった、京子・アルシャーさんが
「dog actually」で記事を書いていらっしゃいます。

「西ドイツ生まれの猟犬 クライナー・ミュンスターレンダー 1」
「西ドイツ生まれの猟犬 クライナー・ミュンスターレンダー 2」
「猟犬って何だ?」

是非、ご覧になってください。


このブログの1月18日の「クライナーを訪ねて 
からお読みになっていただければ、
クライナー・ミュンスターレンダーについて、
よりご理解いただけるとおもいます。


********************


昨日はリサ家地方、風がすごかった!
午前中は暖かかったので、「もしや、春一番??」
と思ったくらい。
夕方になったら、冷えてきて…春はまだ遠いのね。。
風が強い日、雨上がり、雪。
こんな日にはリサがナゼか大興奮です。
いろんな匂いが運ばれてくるからかな?
野性が呼び起こされるのかしらん。
鼻息荒く、「ふんが〜!」と耳を風にはためかせながら
「やるわよぉ〜〜!」
何をやるんですか。。

さて。
ダミー競技。
リサもムダに(?)気合い入ってるし、
私の運動能力もいらないし、(ハンドラーは立ってるだけだからね)
空気の良い山で開催されるから気持ち良いし、
とにかく楽しかったのです。




でも、レトリバー種の為の競技。
同じ鳥猟犬でも、HPR(多目的ガンドッグ)のリサにとっては
要求されることが違うのです。
訓練しているうちに、その違いが見えてきました。
まず、フィールドに立った時、レトリバーとHPRでは
見ているモノが違うのです。
レトリバーは「ダミーを投げる人」を注視するのですが、
ルサはフィールド全体にくまなく視線を走らせます。
このフィールドのどこに獲物がいるのか、
アヤシイ場所はどこか、(あの繁みか、あの木立か)
獲物の気配はあるか、全方向にアンテナを立てて、
体全体でフィールドを感じている。
ちょっとでも(それが数百メートル先の、ほんの小さなものでも)
動くものがあれば、見逃しません。

レトリバーは撃ち落とされた鳥を回収することに特化された犬種。
HPRは、まず獲物を探すところから始める犬なのです。
競技の訓練をすればするほど、
リサはレトリバーとは違う学習をすることが如実に分かって来ました。
撃ち落とされた鳥というのは、基本的に何処に落ちたのか、
ハンターもある程度解りますよね。
でも、フィールドの何処に鳥が潜んでいるのかはハンターには解らない。
人間にはできない部分を、犬はその優れた嗅覚と動体視力の良さを使って
人間に頼らず、自分の判断で動き、探し当てるのです。



リサも、ダミー競技を活き活きと楽しんでいる様に見えましたが、
時に、「なぁんだ。。また布袋(ダミー)か。。」という様子も見える様になったり。


ダミー競技でいいのかな…?

リサはレトリバーではない。

HPRなんだ。

ダミー競技を続けて、思い知らされた事でした。


ドイツへ行こう。

クライナー・ミュンスターレンダーの本当の姿を見に行こう。







つづく。。









2011/02/19 (土) 14:53 | -
trackbacks(0) | comments(2)
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

>レトリバーは「ダミーを投げる人」を注視するのですが、
リサはフィールド全体にくまなく視線を走らせます

あ…それ分かります

ユウェルとも躾けも兼ねてアジリティをしようと思ってたんですが(まぁ思っただけで行動しないのがイケナイところ><)
どの競技もピンとこない
こちらの能力が乏しい中、ユウェルが教えずにもできるのは
全猟トライアルだなと…^^;

そうそうそう!話は変わりますが、最近我が家のblogのアクセス解析で「クライナーミュンスターレンダー ブリーダー」で検索してきた人がちらほらいるんですよ!
クライナー、どこかでダレかが普及活動しているのでしょうか!?^0^

…えっ!?リサちゃん??

しかし、ほんとにクライナー美しすぎる

2011/02/20 11:16 | 七栗堂

七栗堂さん

トライアル、良いですね〜♪♪
きっとユウェルちゃんも活き活きと
楽しめるんじゃないでしょうか!

マイナー犬種なので、ちまちまと普及活動です。(汗)


2011/02/21 22:47 | lisamama

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック