クライナーとの日々

我が家の野生的なお嬢様、クライナー・ミュンスターレンダーのリサとの日々を綴ります
  ドイツで同行してくださった、京子・アルシャーさんが
「dog actually」で記事を書いていらっしゃいます。

「西ドイツ生まれの猟犬 クライナー・ミュンスターレンダー 1」
「西ドイツ生まれの猟犬 クライナー・ミュンスターレンダー 2」
「猟犬って何だ?」

是非、ご覧になってください。


このブログの1月18日の「クライナーを訪ねて 
からお読みになっていただければ、
クライナー・ミュンスターレンダーについて、
よりご理解いただけるとおもいます。


********************


リサ家地方、この冬初めて雪が積もりました。
皆さんの所はいかがでしたでしょうか。
「犬は喜び…」でしたか?
リサは、見事に期待を裏切らず。
雪に鼻を突っ込みまくり、かと思ったら猛烈に掘りまくり、
そして狂い走ってました。(笑)
雪ってそんなにコーフンするものなんですかねぇ。
人間と同じ様に、たまにだから、ワクワクしちゃうんでしょうか。
ドイツのクライナーは、雪、きっと見飽きてるぞ。。

前回、ダミー競技との出会いについて書きました。
とにかく、ダミーに対する熱意がハンパじゃなかったので、
「漸くリサが熱中できるものを見つけた!」
と飼い主も喜んだのでした。



ドッグスポーツをした事がある方はお解りになると思いますが、
このテの「犬の競技」は、飼い主と犬とがコミュニケーションを取れていなければ
上手くいきません。
人間と犬との共同作業なのです。
犬だけが良くても、人間だけが良くてもダメ。
一見単純そうに見えるフリスビーだって、
犬の走りのスピード・クセ、投げ手(飼い主)の技・タイミング、等
何度も練習し、お互いの息を合わせてこそ、
成し得るものなのです。
かくいうワタクシ、一度はフリスビーに挑戦したんですよ。
練習用ディスクを10枚も購入してね!
結局、あまりのワタクシの「投げ」のヘタさに断念いたしました。
だって、リサが走っている方向に飛ばないんだもん。。
ごめんよ、リサ。。

ちなみに、アジリティーもちょっとやってみましたが、
「走るの大好き」なリサはノリノリで、これまた楽しそうに
走っていましたが、
ワタクシが運動神経と体力の問題でバテバテ。
で、断念。
ごめんよ、リサ。。。


置いていかれるワタシ。。

 ドッグスポーツの醍醐味は、「愛犬との共同作業」にあります。
練習を重ねていくうちに、犬も飼い主の意図を察する様になってくるのです。
あっ、心が通じた…!
と感じる瞬間があるんですよ。
その瞬間が、そりゃあ嬉しいものなんです!
恋人と心が通じる瞬間ってトキメクでしょ?
あんなモンじゃありません。
だって、言葉の通じない犬と、そういう瞬間を持てるんですよ!!


速すぎてブレブレ

だから、練習だってそりゃ楽しい♪
リサも何度だって「やらせろー!」と意欲満々だし、
すごく楽しそうに走る。
楽しそうに走るリサを見れれば、飼い主もすごく幸せ!!

それは充実した時間でした。

ところが、ダミー競技は「獲物を持って帰ってくる」という
「レトリーブ」を競技にしたもの。
少しずつ、リサとのブレが生じてきたのです。



つづく。。










2011/02/15 (火) 23:29 | -
trackbacks(0) | comments(0)
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック