クライナーとの日々

我が家の野生的なお嬢様、クライナー・ミュンスターレンダーのリサとの日々を綴ります
  ドイツで同行してくださった、京子・アルシャーさんが
「dog actually」で記事を書いていらっしゃいます。

「西ドイツ生まれの猟犬 クライナー・ミュンスターレンダー 1」
「西ドイツ生まれの猟犬 クライナー・ミュンスターレンダー 2」
「猟犬って何だ?」

是非、ご覧になってください。


このブログの1月18日の「クライナーを訪ねて 
からお読みになっていただければ、
クライナー・ミュンスターレンダーについて、
よりご理解いただけるとおもいます。


**************************


さて。

クライナーについては、ココちゃんの飼い主さんからも
お話を聞き、いろいろ調べて解っていたつもりでした。
が、予想していた以上のワンコだったのです。


えっ?アタチ、イイ子でしゅ。

つまり、
本腰いれて向き合う犬、だったのです。
運動量しかり。
能力しかり。

訓練士さんにお願いして、あっという間にデキル犬になりました。
えぇ、デキル犬にね。
訓練士さんが引くとね。
私がリードを持ったとたん、デキル度ダウン。。
幼犬のクセに。。ぬぬぅぅ。。
しっかりしたリーダーを必要とするのね。

おかげで散歩は問題なくできる様になりました。
が、散歩しても散歩しても散歩しても
なんだか、物足りないみたい。。
朝夕の散歩に1〜2時間かけても、
帰宅したとたん、家中を走り回る。
「あ〜っ、ストレス溜まっちゃったぁ〜〜!」
2時間の散歩は何だったの…?
疲れて脱力の飼い主。。
明らかに運動量が足りていない感じでした。

何時でも、ヤル気満々、うずうずしているのが解ります。
そこで、誰もが考える、ドッグラン。
でも、毎日ドッグランに行くわけには行きません。
(お金無いしね。遠いしね。)
そこで、ボール投げですよ。
飼い主は動かず、犬を走らせる。
ボールが大好きなリサ。
もくろみ大成功!



何度も何度も何度も何度も
走る。
走る。
全速力で走る。
…終わらない。。。(涙)

「百万回ボール投げ」

まず、飼い主が飽きます。疲れます。
んで、これに自転車運動が加わりました。

これで、漸く運動量の確保はできた、のでした。
でも。。。


つづく。。





2011/02/04 (金) 15:33 | -
trackbacks(0) | comments(0)
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック